« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

社員の約8割が「年収は200万円足りない」と感じている

楽しい年末ですが、懐具合を考えると、そうそう浮足立っても
いられませんね。

しかし、この大不況いつまで続くのでしょうか…なんだか怖く
なってきますね。
そんな中、日本の企業で働く就業者(正社員)に対し「ビジネス
パーソンの就業意識調査」をというアンケートを行い、その結果が
発表されました。

まず、企業で働くビジネスパーソン(正社員)が現在の仕事に
どの程度満足しているか尋ねたところ、「大いに満足している」は
全体で1割弱(8.3%)にとどまったが、「どちらかといえば満足している」
は過半数(53.4%)に達し、両者を合わせると約6割(61.7%)が現在の
仕事に満足していることがわかりました。

これは嬉しいことですね。
大人になると、仕事についやす時間がかなり多くなりますから、
その仕事に少しでも満足感がないと、ストレスがたまる一方ですから。

とはいえ、仕事は業務の満足度だけでは測れるものではないと思います。

仕事に対する満足度がある程度はある一方で、職場の上司に対しては
どの程度満足しているかを尋ねてみた結果では、
「大いに満足している」は全体で約1割(9.7%)存在し、
「どちらかといえば満足している」は約半数(45.7%)にのぼったと
いう結果に。
これらを合わせると、過半数(55.4%)が職場の上司に満足している
ことがわかり、これも一安心です。

やはり、人間関係は仕事において、重要項目ですからね。
しかし、「大いに不満がある」の割合も、2割弱(15.8%)はいると
いうことです。


ただ、ここからが問題で、現在の収入にどの程度満足しているか
尋ねたところ、「大いに満足している」は全体で2.6%にしかすぎず、
「どちらかといえば満足している」(33.8%)と合わせても4割弱(36.4%)
程度でした。
「大いに不満がある」(20.6%)と「どちらかといえば不満がある」(43.0%)
を合わせると、収入に不満がある割合は6割強(63.6%)にも達しています。

つまり、仕事にも人間関係にも、それほど不満を持っていないけれど、
給与面では不満がある、というビジネスパーソンの現状が
浮かび上がってきました。


従業員規模別に比較をすると、満足している割合(「大いに満足している」
と「どちらかといえば満足している」の合計)は、300人未満(29.2%)、
300~1,000人未満(34.9%)、1,000~5,000人未満(38.0%)、
5,000人以上(44.0%)と、規模が大きくなるほど高くなっています。
大手企業における処遇が、中小企業に比較して安定していることが推測
されます。さすが大手企業ですね。

この不況期において、年収があと最低どのくらいアップして欲しいかを
尋ねてみた。全体で最も多かったのは「50~100万円未満」(32.1%)で
これに次いで「100~200万円未満」(29.7%)、両者を合わせて
「50~200万円未満」の割合が6割強(61.8%)を占めています。

現状どれだけ厳しいかが見てとれますね。

「50万円未満」、「50~100万円未満」、「100~200万円未満」を
合計すると、8割近く(76.2%)のビジネスパーソンが、「年収の
不足額は200万円未満」と感じていることになります。

年収が、あと最高どのくらいダウンするまで耐えられるかを尋ねてみると、
「10万円未満」とする割合は過半数(54.6%)を占め、次いで
「10~30万円未満」は約2割(20.9%)。
ダウン幅が「50万円以上」まで耐えられるとする割合は、わずか1割
程度(12.6%)にとどまっていますから、現状がギリギリの生活であることが
みうけられますね…。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091225-00000034-inet-inet
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/policy/339580/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4524351/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20388588,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“ネットブック市場は2010年には減速”の予想

ネットブックは、家電量販店ではよく見るのですが、実際に
手に持っている人を見たことがありません。

でも流行っているとは聞きますから、ユーザーはそれなりに
いるんだろうなぁとは思っていますが…。

ネットブックはアンチ派の人も結構見かけますが、個人的
には、けっこう持ってみたいなぁ、なんて思っています。
ただお値段が…。
もう少し安くなったら持ってみたいなぁと思っていました。

そんな中、ネットブック市場の将来を心配してしまう
ニュースが…。

2010年のノートパソコン類 (ネットブックを除く) について、
出荷台数が前年比16%増になり、一方ネットブックの出荷台数
は前年比19%増に減速するとの予測されています。

DisplaySearch が2010年に最も成長すると予測しているのは、
デスクトップ代替用のノートパソコン分野で、同社の予測に
よれば、デスクトップ代替用ノートパソコンの2010年における
売上規模は、前年比で21%増になるという。
その多くは、古くなったパソコンの買い替え需要によるものと思
われるそうです。

DisplaySearch のノートパソコン類調査ディレクタ John Jacobs 氏
は、ネットブック減速について、複数の要因によるものだと語っています。
具体的には、ネットブック市場の飽和やノートパソコンの増加に加え、
ネットブック市場が上からはノートパソコン、下からはスマートフォンに
挟撃を受けていることだということです。

なるほど。第2または第3のパソコンとしてネットブックを購入する例が
大半のため、市場が成熟するのも早い、ということです。

たしかに、そうかもしれません。日進月歩の世界ですから衰退する
例も多くありますよね。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091224-00000012-inet-mobi
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/315710/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4519834/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20405875,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりYouTube。URL短縮機能も

もう、YouTubeを使ったら、見れない動画はないんじゃ
ないかな、というくらい、YouTubeは欠かせないインター
ネット上のツールになりました。

そんなYouTubeがさらに使いやすい新機能として、
URL短縮機能「youtu.be」を開始したそうです。

YouTubeの「自動通知」オプションを使うと、アップロード
した動画やお気に入りに登録した動画などのURLを、自動的
に短縮してTwitter、Facebook、Google Readerなどに投稿
することができようになったそうです。

とくにTwitterユーザーはいま、すごいスピードで増えていま
すからこの機能はすごくニーズがあるのではないでしょうか。

また手動での短縮も可能だそうですから、URLの
http://www.youtube.com/watch?v=」の部分を「http://youtu.be/
に書き換えるだけで短縮URLが作成することができるようです。

さらにユーザビリティが高くなったYouTubeですが、2009年、
YouTubeで最も視聴された動画は「美声のおばさん」の動画らしいです。

YouTubeによると、英オーディション番組「Britain's Got Talent」に
“美声のおばさん”スーザン・ボイルさんが登場したときの動画だそうで、
一見地味なボイルさんが天使のような歌声を披露してネットで話題になり、
視聴回数は1億2000万回を超えているとか。

YouTubeは動画共有サービスの認知度および評価について調査でも、
会員登録数1位はニコニコ動画(33.9点)に続き、2位になりました(23.0点)。

2位とはいえ、3位のDailymotionとAmebavisionは0.9点ですから、
ものすごい快挙ですよね。

ちなみに、最も画質が美しいと感じた共有サービス1位はYouTubeだそうです。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091222-00000047-zdn_n-sci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/337796/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4517184/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20365178,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラウザ市場シェアでFirefox 3.5が1位に

世界で最も使われているブラウザの座にFirefox 3.5が
輝きました。

まさかIEを追い越すなんて……と本当に驚きました。

Web分析会社StatCounterによると、Firefox 3.5がバージョン
別ブラウザシェア調査で、12月第3週(14~21日)にInternet
Explorer(IE)7を追い抜き、シェア21.93%でトップを獲得
したそうです。
この週のIE 7のシェアは21.2%、3位のIE 8は20.33%だった
そうです。

2009年初めの時点では、IE 7が40%超、IE 6が約23%のシェアを
握り、それぞれ1位、2位を走っていいましたが、両ブラウザとも
次第にシェアが低下していっていた一方、6月に登場したFirefox
3.5は急速にシェアを伸ばしました。

その結果、シェアナンバー1を獲得したわけですが、さすがFirefox
ですね。

ちなみに、1月時に1%に満たないシェアだったIE 8も徐々に勢力を
伸ばしており、間もなくIE 7を追い抜きそうとのことです。

Firefox 3.6は、ブラウザの外観をカスタマイズできる「Personas」
という機能を搭載しているほか、アップロードファイルの選択と
いった高度なファイル管理を実現する「File」インターフェースが
充実していることが、ユーザーを増やした結果に繋がったのでは
ないかと思います。

個人的には元のタブの隣に新規タブを配置する機能も重要です。



【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091222-00000059-zdn_n-sci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/285426/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4517307/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20405592,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラクエ IXの勢いはまだまだ止まりません!

ドラクエ9の人気はまだまだとどまることを知らないようです。

今年7月11日に発売されたドラクエ9。
もうそろそろ、ブームは過ぎ去ったのかと思いきや、まだまだ
その人気っぷりはとどまることを知らないようです。

そんな国民的ゲーム、ドラクエ9の、出荷本数がシリーズ過去最高
となる415万本を突破しました!

「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」では、ニンテンドー DS の
ワイヤレス通信機能を活用し、シリーズ初のマルチプレイに対応して
いる点が、やはり人気の理由になると思います。

さらに、ニンテンドー Wi-Fi コネクションを通じて、発売から1年間、
毎週新しい物語(クエスト)を配信するなど、一度クリアしても、
長期にわたって楽しむことができるしくみになっています。

コアなゲーマーにも面白いと思ってもらえるような工夫を、スクエニが
考え抜いたからこその、この結果だと思います。

ドラクエシリーズは、発売延期があたりまえ。本当に何年も
待たされるのですが、しかし、発売されてみるとやはり面白くて、
「時間をかけて、面白いものを作ってくれたのだなぁ」と
感動してしまいます。

もうすぐクリスマスですから、子供たちの需要によって、さらに
記録を伸ばすことができるのではないでしょうか。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091221-00000012-inet-inet
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/game/278249/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4514979/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20399404,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS/スカイプ認定のタッチパネルテレビ電話発売

ASUSTeK Computerは12月18日、タッチパネルテレビ電話
ASUS Videophone Touch「AiGuru SV1T(ASUS Videophone
Touch)」を12月19日より発売すると発表しました。

価格は3万800円で、ハンズフリーでスカイプによるビデオ
通話ができます。

SUS Videophone Touch「AiGuru SV1T」スカイプ認定のタッチ
パネルテレビ電話としては世界初で、スカイプのオンライン
ショップを通じて日本国内向けに発売されるそうです。


ASUS Videophone Touchは、タッチパネル付き7型TFT液晶
(800×480ドット)、30万画素CMOSカメラ(640×480ドット)
を搭載。無線LAN(IEEE802.11b/g)と有線LAN機能を装備、
といったスペックになっています。

これは、かなり楽しみですね。
個人的には、スカイプはかなり活用しているので、
かなり期待しています。

しかもタッチパネルを搭載しているため、直感的な操作が
できる点が特長で、連絡先リストから、連絡したい相手を
タッチで選択してビデオ通話、ということもできるとか…。

ASUS Videophone Touchの本体は、人間工学を元にした緩やか
な曲線のデザインとなっており、自分の目線に合わせて本体
の角度をスムーズに調整できるそうです。

ぜひ、手にとって触ってみたいと思いました。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091218-00000030-zdn_pc-sci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/product/227268/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4511700/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20405633,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『セックス・アンド・ザ・シティ 2』の内容について

海外映画の大ヒット作『セックス・アンド・ザ・シティ』の
続編の撮影がニューヨークで続いているというニュースを
今日知りました。

主演のサラ・ジェシカ・パーカーや共演者たちの撮影中の姿が
市内で目撃されているということで……。

前回の映画でもう終わりかと思っていたのでびっくりです。

キャリーとビッグが結婚したというのに、これ以上どんな
展開が訪れるんでしょうね。
サマンサ意外の3人は結婚しているし、むしろ子どももいます
ものね。…もしかしたら、キャリーの妊娠というお話かもしれ
ませんね。しかし、キャリーは恋多き永遠の恋愛至上主義者…
というキャラだったので、母親になるというのはなんだか
考えられないですね。

さて、憶測はそれくらいにして……
調べてみましたら、映画の内容については、昨今の世界経済危機に
よりキャリーとミスター・ビッグの経済状況にもトラブルが訪れること、
そして二人の結婚にも変化が訪れるということ以外、詳細は明らかになって
いないそうです。

そんな中、グリニッジ・ヴィレッジではキャリーとミスター・ビッグの
ロマンチックなシーンが撮影され、キャリーは背中が大きく開いた
クリスチャン・ディオールの新聞プリントのドレス、クリスチャン・
ルブタンのきらびやかなハイヒール姿で登場したという目撃がありました。

車の中で親密そうに話し込んでいる二人の様子や、キャリーがミスター・
ビッグのほほを触るロマンチックなシーンもあったそうで、まだまだ
キャリーとビッグはラブラブなんですね。

さらに、キャリーがミランダに何やら秘密を明かし驚かせているシーン
も撮影され、これには、「キャリーが妊娠するのでは?」という憶測も
飛んでいる……とありました。みな、考えることは一緒なんですね


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091217-00000024-rbb-ent
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/285891/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4475346/
シネマトゥデイニュースURL
http://www.cinematoday.jp/page/N0019542

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社内SNSってどう思いますか?

数年前から、インターネットユーザーの中ではSNSは
当たり前の存在になっていますが、最近では社内SNS
といって、企業が自社内でSNSを作っていることも
多いようです。

最初聞いたときは、そんなものが何の役に立つのだろう
と思ったものですが、最近行われたアンケートによると、
社内SNS利用企業の8割が「コミュニケーション円滑化」を
評価しているそうです。

Beat Communicationが同社の社内SNSパッケージ「BeatOffice」
を導入している企業に対して実施したアンケート調査の結果を
発表したものですが、この調査は2007年にも実施されており、
前回に比べ利用者の社内SNS上でのコミュニケーションの形態が
より親密になったこと、また、経費削減のきっかけ作りや、社員
教育ツールとしても利用されることなどが明らかになりました。

調査結果によると、業種別の利用状況ではサービス業が25%で
最も多く、情報・通信業(21%)、小売・卸売業(17%)、
製造業(13%)と続いた。社内での利用人数は1000人~5000人
未満が43%、100人~500人未満が27%、500人~1000人未満が14%と
大企業だけでなく中小企業でも積極的に導入していることが分かり
ました。これはかなり意外に感じました。社内SNSを導入して
いる時点で大企業ばかりかと思っていましたが、そうでもないの
ですね。

年齢層はやはり若年層が高い割合を占めていたそうですが、意外
にも、、40代~50代でも男性が2割以上、女性が3割弱と浸透して
きているそうです。
平均的なユーザーのアクセス頻度は、1週間に1回程度のユーザーが
38%、毎日1回以上のアクティブユーザーが26%と、2極化している
ようで、これは、普通のSNSと同じようなものじゃないかな…と
おもいました。

ただし、約9割のユーザーが1週間に1回以上アクセスしている
点では、社内SNSのほうが、一般的なSNSよりもアクセス頻度が高い
といえると思います。
やはり仕事ですから、そうなるでしょうね。

導入時に期待したことでは、「社内のコミュニケーション円滑化」
が86%と圧倒的で、企業が社内のコミュニケーションを非常に重視
していることがわかります。

ユニークな使い方では「同じ時間にコミュニティを利用してチャット
形式の意見交換をしている」
「パートナー契約社員との共同作業、情報の共有に利用している」
などの回答が寄せられ、印象的なエピソードでは「SNS内での改善提案が
広がって、経費削減につながった」
「社内の喫煙マナーに関するコミュニティが盛り上がり、改善につながった」
などの回答がありました。

個々が仕事をする時代ですから、どうしても皆の意見を言いあう場を
作るのは難しいですが、社内SNSをうまく活用すれば、新しい
意見交換の場を作ることができるのだなぁと思いました。



【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091207-00000014-bcn-sci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/111206/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4506767/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20405431,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現役閣僚初!原口総務相「ツイッターを始めました!」

最近ツイッターが本当に流行っていまして、芸能人も有名人も
こぞって始めていますが、なんと、現役閣僚として、始めて
原口総務相がツイッターを始めたそうです。

日本初のツイッター閣僚の「つぶやき」は「@kharaguchi」という
アカウントで、12月14日夕方に発信されました。

「今、日程の会議中です!今日からツイッターを始めます!
宜しくお願いします」

と簡単な挨拶文を投稿。

翌15日の朝には

「おはようございます。藤末参議院議員さんに導かれてTwitterを
始めました。藤末さん、皆さん、どうぞよろしくお願いします」


という2番目の投稿があり、続いて、ツイッターのフォロー(購読開始)
のメール連絡に驚いたことや総務省に出勤することの告知が流されました。

現役閣僚のツイッター開始とあって注目度も高く、15日14時現在で
約2700人のフォロワー(購読者)がついているそうです。

現役閣僚のツイッターならば、そうなりますよね。
すごく気になります。


原口総務相に対しては、ツイッター議員として知られる藤末参院議員が
国会などで活用を呼びかけていた。J-CASTニュースも12月11日の記者会見
で「ツイッターを活用されるのはいかかでしょうか」と提案。
そのとき、原口総務相は、「ツイッターも140字の制限があるものですけれ
ども、たいへん魅力的なメディアであると考えています。ツイッターに
ついても(活用を)検討していきたいと思います」

と発言していましたので、そのとおりに始めたんですね。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091215-00000002-jct-sci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/334691/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4504797/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20403017,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本女子は全7階級を制覇・男子は金メダル4つ

柔道っておもしろいですよね。
普段、スポーツ観戦をしない母親までも夢中になってみて
いました。
やはりルールが分かりやすいですし、見ていてすがすがしい
スポーツだと思います。

しかも、日本勢が強いですから!
これは本当に期待がもてます。

柔道のグランドスラム東京が13日、東京体育館で大会最終日が行わ
れました。

男子100キロ超級決勝では、高橋和彦が鈴木桂治に一本勝ちし、
金メダルを獲得しました。

しかも女子52キロ級の北京五輪銅メダリスト・中村美里は、スロベニア
選手に一本勝ちし優勝。
そのほか、女子48キロ級では福見友子が、近藤香に勝利、同57キロ級は
徳久瞳が松本薫を下し、それぞれの階級を制しています。

男子100キロ級の穴井隆将は、惜しくも決勝で韓国の選手に優勢負けし、
準優勝となってしまいましたが、日本は女子が全7階級を制覇、男子は
4階級で金メダルを獲得しています。

本当に強いです。日本の柔道。さすが国技といった感じでしょうか。

特に女子に関しては、もう向かうところ敵なしといった感じですね。
世界女王の凱旋(がいせん)試合は何とも雄々しい幕引きです。
これからの世界での活躍が本当に楽しみです。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091213-00000017-spnavi-spo
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/335327/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4501694/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneユーザーってどんなひと?

今大人気のiPhone。
個人的に今一番欲しいものナンバーワンなのですが、
iPhoneユーザーの価値観や、年収についてのアンケートが
行われたそうです。
いったい、iPhoneはどんな人たちに使用されているので
しょうか。

日経BPコンサルティングとアドモブが12月10日、iPhoneの
利用動向に関する調査結果を発表しました。


調査は10月23日から同25日まで、全国のiPhoneユーザーを対象
に実施したもので、調査回答者数は1000件に上ります。

調査の結果、iPhoneユーザーの平均年収は569万円と比較的高く、
自分の考え方や価値観を重視する傾向にあることも分かりました。

男性ユーザーの平均年齢は40.6歳、女性ユーザーの平均年齢は36.1歳
で、ボリュームゾーンはそれぞれ「40歳~44歳」「30歳~34歳」と
なっている。職業は会社員が最も多く、物を購入する際のきっかけ
は、「4大マスメディアから情報を収集する」ケースが男性で57.3%、
女性で63.2%となりました。

また、ものを買う際にiPhoneユーザーは、男女ともに自分の考え方や
価値観を重視し、周りの人とは違うものを購入する傾向がみられたと
いいます。

このへんに関しては予想の範疇ですね。

普段関心が高いのは、男女ともに「音楽(コンサート、CD、レコード)」
「書籍・雑誌・読書」で、そのほか男性では「自動車」
「映画・演劇鑑賞」、女性では「映画・演劇鑑賞」
「ファッション、装飾品、アクセサリー」「美容(化粧品、美容器具、エステ)

などへの関心が高いようです。

iPhoneユーザーはやはり年収も高めのようでした。
年収の面から考えても、自分にはまだiPhoneは早いのかな…
と思ったりもしています。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091211-00000030-zdn_m-mobi
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/286748/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4498690/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20395283,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット化時代の年賀状について

毎年悩むのが、年賀状を何枚購入するかということ
です。

結局30枚ほど購入して、足りなくて何枚か買い足すか、
何枚か余るか…のどちらかになります。

今日のニュースで見たのですが、平均的な年賀状の
等関数は、60通だそうです。
そのうちの9割の人が、年賀状に手書きの文字を入れる
そうで、インターネットやPC環境が整っている
この時代でもやはり年賀状は日本人の心ということ
なんでしょうかね。

少し前まではメールでの年始の挨拶が流行っていましたが
ここ最近はまた年賀状の価値が見直されているようです。

職業の内訳で言うと経営者・役員の平均が177.8通と平均値を
押し上げてはいますが、会社員でも51.5通、専業主婦でも48.8通、
学生は16通となっていて、現代社会の人間関係も意外と希薄では
ないのかもしれないという感じで、なかなか嬉しいニュースでは
ないでしょうか。

にどんな年賀状をもらうとうれしいかという質問には、
約8割が「直筆コメントがあるとうれしい」と回答しています。

その内容は「本人の近況」(64.1%)、「送る相手ごとの話題」(50.2%)、
「家族の近況」(27.3%)が上位に挙がっているみたいです。
差出人の近況がわかる年賀状をもらうとうれしいという気持ちは
すごくよくわかります。

ちなみに、「直筆のコメントが書かれているとうれしい」と答えた割合を
性別&世代別で見ると、10代、20代、30代の女性が90%を超えていて、
意外にも“メール世代”が直筆コメントにより喜びを感じるみたいです。
日常で触れる機会が少ない“ツール”に新鮮さを覚えているのかもしれ
ませんね。

とはいえ、最近は携帯メールでもデコメが流行っていますし、
メールでも年賀の気持ちを送ることができるツールが流行っています。

ミクシーの年賀状サービスをはじめ、書くSNSでも独自の年賀状
サービスを取り入れているところも多いようです。



【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091210-00000002-tkwalk-ent
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/317336/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4496005/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/clip/domestic/story/0,3800097352,20402118,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Amebaなう」と「芸能人なう」同時スタート

この「~なう」という言葉は、ツイッター用語なのですが、
この一般認知度はどれくらいなのでしょうね。

インターネット上でつぶやきを共有するコミュニケーション
ツール「ツイッター」。
海外では、このツイッターから、スキャンダルが生まれたりする
ほど、セレブすらハマっているツールなのですが、まだ日本では
一般人の域を超えていませんでした。
しかし、このたび、芸能人が多く参加するアメーバブログで
「Amebaなう」というシステムが登場したことによって、
芸能人が参加する「芸能人なう」がスタートしました。

芸能人のつぶやきが見れるのはファンからするととても貴重な
感じですね。


Amebaなうは、ユーザーが今していること、考えていること、
その瞬間の感情などを投稿する、Twitterライクなミニブログサービス
で、「Ameba」の従来のブログサービスは1記事あたりの容量が
無制限なのに対し、「Amebaなう」は、一度の投稿文字制限が
140文字となっています。

ちなみにテキストだけでなく、携帯絵文字や画像も投稿することが可能
ですので、若い子もこぞって参加すると思います。

AmebaなうはAmeba会員であれば誰でも利用することができ、他のユーザー
をフォローすることで、そのユーザーの投稿内容である“なう”を自身の
ページで確認することができる、まぁ、ツイッターとおなじシステムです。

なお「Ameba」でブログを展開する著名人の一部が、ブログと平行して
「Amebaなう」を利用することが必要になります。

「芸能人なう」では、矢口真里さん、押切もえさん、鈴木おさむさんなど
人気ブロガーが多数参加し、著名人の投稿を集約しています。



【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000007-rbb-sci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/327000/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4494025/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20404944,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエで「募金なう」とTwitterに投稿する募金箱

神戸市で3日に開幕した光の祭典「神戸ルミナリエ」で、お金が入ると
Twitterにつぶやく仕組みを備えた募金箱「電飾ツカラボキン」が登場
しました。

神戸ルミナリエは、毎年「今年で終わりだ」なんて言っているような
気がしますが…今年はこのTwitterで「募金なう」でたくさんの募金が
集まったらいいですね。



電飾ツカラボキンは、LEDで彩られた募金箱でTwitterと連携し、募金箱に
お金が入るとアカウント「@tsukalabokin」が自動で「○○人目の募金なう」
とつぶやき、LEDが光るという仕組み。
面白いですね。

これは、神戸大学工学研究科の塚本昌彦研究室が開発したものらしく、
今後は12月8、10、13日にルミナリエ会場に持ち込む予定です。
このほかにもLEDを使った2台の募金箱を用意しているそうです。


Twitterに関しては、かなり浸透してきているツールだと思いますが、
まだまだ一般の利用者は少ないのかもしれません。

Twitter初心者が利用しやすいQ&Aサイトとして「Q&Aなう」が
オープンしていますので、Twitterをまだ始めたばかりの人は、ここに
アクセスして、疑問を解消するとよいのではないでしょうか。

参加申請した上で、専用のTwitterアカウント「@qanow」に@を使って
話しかければ、ほかの参加者から回答を得られる仕組みになっています。

TwitterのAPIを利用したサービスで、サイトにある専用ボタンを
クリックし、Twitterにログインした上で認証作業を行えば参加できる仕組み
になっています。

質問・回答ともに、専用サイトにもリアルタイムに掲載。
質問ごとに専用URLが発行され、質問と寄せられた回答を1ページで確認
できる仕組みになっています。
プログラマーの「@paji_a」さんが開発したツールだそうです。



【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091208-00000019-zdn_n-sci

イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/326999/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4492456/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20404938,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコニコ実況、使用したことありますか?

インターネットでの動画閲覧はyoutubeを使うことが多いので、
なかなかニコ動は使わないので、知りませんでした。
ニコニコ実況。でも、最近友人に教えてもらって…すごく面白い
という話を聞きました。

株式会社ニワンゴがニコニコ実況を正式にサービスに追加したのは
2009年11月30日ということで、まだそんなに日にちはたっていないの
ですが、もうすでに話題騒然らしいですね。


「ニコニコ実況」は、大勢でテレビを見ているような感覚で、現在
起きている様々な事象に対しコメントを共有して楽しめる、リアル
タイムコミュニケーションサービスだそうで、確かに、いま画面を
見ながら書き込めるという点ではにちゃんねるの実況板などよりも
かなり臨場感あふれた感じになりそうですね。


このニコニコ実況では、特定のテーマである「チャンネル」に対し、
複数のユーザーがコメントを投稿していく仕組みになっているそうです。
あらかじめテレビ局別のチャンネルが用意されているほか、ユーザーが
任意でチャンネルを作成することも可能ということです。

専用のアプリケーションからもコメントの閲覧や書き込みができます。
アプリでは、コメント表示部分の透明化や全画面化が可能なため、デスク
トップ上で再生される映像に重ねて楽しむこともできます。
独り暮らしはいつも寂しくテレビを見ることしかできませんから、これは
かなり嬉しいですね。


また新機能として、「過去ログ」ページより、日付や時間を指定して
過去のコメントを閲覧できるようになったほか、モバイルにも対応している
そうです。
モバイルってどうやって使うんでしょうか?通信速度が遅そうな感じ
がしますが、そうでもないのでしょうかね。
それとも最新のスマートフォンなんかじゃないと使用できないように
なっているのでしょうか。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091130-00000020-inet-inet
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/282525/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4480094/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20404423,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleが無料DNSサービス「Google Public DNS」を発表

GoogleがWeb高速化の取り組みの一環として、無料のパブリック
DNSサービス「Google Public DNS」を立ち上げたというニュースです。

DNSとはサイトのURLをIPアドレスに変換する(名前解決と呼ばれている)
ことで目的のサイトに接続する仕組みで、その変換は企業やISPなどの
DNSサーバが担っています。

これは、ユーザーがWebサイトを訪問するたびに名前解決が行われて
いますが、複雑なページを読み込むには複数の名前解決が必要なこともあり、
その結果Web閲覧のスピードが遅くなっているというのが現状です。

そこでGoogleは、高速で安全なDNSサービスを提供することで、
ユーザーのWeb高速化を助けたいということを発表しました。

GoogleはDNSのレスポンスが遅くなる主な原因の1つを、
DNSのキャッシュが失われることにあると考えています。

つまり、大量のドメインのキャッシュをTTL(キャッシュ生存期限)が
切れる前にリフレッシュしてサーバに保有し続けることで、同社の世界規模
のデータセンターとキャッシングインフラを活用することで、ほかのDNS
サービスに問い合わせることなくユーザーに直接サービスを提供できると
しています。


Google Public DNSを利用するのに料金は発生しませんがネットワーク設定を
変更する必要があります(DNSサーバとしてGoogleが取得した8.8.8.8と8.8.4.4を
指定する)。設定方法はGoogle Codeのページに詳しく掲載されているとの
ことですので、この週末にでも、ゆっくり設定してみたいと思いました。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091204-00000022-zdn_ep-sci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/278931/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4486155/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20404755,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディーボの検索順位変動レポート「SEO TALK」

SEO施策メモ機能付き検索順位チェックツール「SEO TALK」の
ディーボ。
株式会社ディーボは、札幌市の会社ですが、インターネット
のヘビーユーザにとっては聞きなれた存在かもしれませんね。


SEO TALKは、キーワードとURLを登録するだけで日々検索順位を
自動的に調査し、時系列グラフで表示するといったツールで、
グラフにSEO対策内容や検索エンジンの動向などを記録できるSEO施策メモ
機能があります。自分のサイトのSEO管理にとても便利ですね。

また、SEO TALKが調査したキーワード順位、メモ内容をCSV形式に
エクスポートすることもできるので、会社での会議や報告資料など
にも活用できます。

そんなディーボが今回、Yahoo!JAPANとGoogle検索順位変動レポートの
2009年11月版を開示しました。

SEOに色々はインターネット社会を生きる現代人にとっては
知っておくべきスキルと思います。

株式会社ディーボ(Devo)について存在は知っていましたが、このたび
会社について、ちょっと知ってみたくて、検索したら、wikiが出て
きました。

Wikiにページがあるなんて、少し驚きです。

ディーボは北海道札幌市に本社を置く、インターネット関連事業を手掛
ける企業で、SEOなどのサービスを提供することを主な事業内容として
います。
2005年6月に設立され、現在は社員15名、パート2名の従業員を雇用して
いるそうで、ちゃんとした企業なのですね。

インターネットでのSEO会社では、社長一人の個人事業主が多いと
思っていたのですが、こういったきちんとした会社を見ると、なん
だかほっとしますね。



【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091201-00000045-inet-inet
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/224053/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4480762/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20386914,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone向けアプリ「Photoshop.com」

Adobeが、「iPhone」ユーザー向けに新たな「Photoshop」
ブランドのアプリケーションをリリースしました。

iPhoneや「Photoshop.com」のオンラインライブラリに保存されている
写真の編集が可能になる、iPhone向けアプリ「Photoshop.com」。

このリリースに伴って、本当にiPhoneが欲しくなってしまいました。

Photoshop.comでは無料で提供され、画像の切り抜き、回転、色合いの調整、
撮影写真のルックアンドフィールを一瞬で変更できるシンプルなワンタッチ
フィルタエフェクトなどのツールが用意されていて、PC顔負けの画像加工が
行えます。

さすがのiPhoneの使いやすさと連動していますから、たとえ失敗したとしても、
あるいは元の画像に戻したいと思った時でも、わずか数回のタップで操作の
取り消しややり直しができるような機能になっているようです。

写真の編集が終了すると、すぐにiPhoneに保存したり、Photoshop.comの
自分のアカウントへアップロードしたりすることも可能で、かなりの使い心地の
良さを想像しています。

使ってみたいです。
写真を撮ってから、そのままアップロードできる写真撮影ツールとしても
活用できるで、本当にデジカメが要らないくらいになってきました。

際立った特徴としては、あらゆる編集作業が少ないジェスチャーで完了
する点が挙げられ、明度や輝度の調整などは、ダイヤルやスライダーではなく、
ただ指先でスクリーンを操作するだけで行えるそうです。

操作してみて、簡単に覚えることが出来そうですね。

フィルタに関しても同様で、スクリーンが占有されることなく、
ドロップダウンメニューを使用したりせずにスクリーン上の端から端へ
さっと払うだけで設定でき……これは、今までにあったモバイル写真編集
アプリケーションの中でも、非常に直観的な操作方法ですね。



【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091201-00000023-zdn_ep-sci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/322274/
ライブドアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0912/01/news027.html
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20401487,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »