« 8歳の岡田将生、清史郎が演じる! | トップページ | 松本人志監督『しんぼる』外国でも好評 »

売り上げ2倍の本屋さん東京・丸善本店の「松丸本舗」とは?

今年は国民読書年というものらいしです。知りませんでしたが…。
出版不況が長引く中、こういう試みは良いことだと思います。
本当に今は、本は売れませんからね。

しかし、売れない売れない、といっても始まりませんから、
出版社も本屋さんも、この出版不況に立ち向かわなくてはいけません。
色々な対策を考えているなか、今までの書店とは全く違う「顔が
見える本屋」で、本が売れいるというニュースを見ました。

この、顔が見れる本屋とは、東京・丸の内の丸善本店内4階の一角を
占める「松丸本舗」のことです。

丸善が昨年10月、創業140周年を記念し、編集工学研究所所長の
松岡正剛さんにプロデュースを依頼し、段違いの本棚に横積みの本が
混じり、新刊と古書と漫画が隣り合う、松岡さんの存在感と遊び心が
あふれる本棚に仕上がっているそうです。

その効果は抜群で、同本舗の客単価は通常の書店の倍額、3千円を
超えるというから驚きです。

新刊、ノンフィクション…などこれまでの書店のジャンル分けは
一切無しというのも面白い。著者別の棚もなく、あるのは読書家
で知られる松岡さんの、頭脳を可視化したような「リボンの恋」
「過激なエロス」など独特のテーマ分けに従い連なる本群だそうです。

古書も7%程度混じり、しかも本棚は日々、変化を遂げるという
ことです。「ビジネス街のど真ん中で、いたずらしてやろうと思った」
と話す松岡さんには、来場者の戸惑いこそが狙い。

松丸の基本は、中央にあるらせん状の本棚「本殿」の2万冊。
松岡さんの書評ブログ「千夜千冊」で紹介された本と、そこから
派生する本が並び、所々に「キーブック」のカバーが付いた必読書
もあるそうです。

その周囲を、季節ごとに変化する特集本1万6千冊が囲み、さらに
作家、松本清張の書棚を再現したコーナーもあるのだとか。

全体を貫くのは、松岡さんの「本はもっと遊びたがっている」との
考え。「出版業界は『書物=教養』と本をまつり上げ過ぎた。
でもいい本ばかりではないし、トイレや台所に本があっていい」
とのことです。このセリフはぐっときますね。

樋口一葉の「たけくらべ」と、萩尾望都(もと)の名作漫画
「ポーの一族」が同じ棚に並ぶ独特の空間を回遊するうち、興味が
あらぬ方向に向かい、意外な本を手に取ってしまう。
実際、壹岐(いき)直也丸の内本店店長も「松丸書店はお客さまの
滞在時間が長い。客単価も通常の書店の倍の3千円超。ネット書店で
はない、リアルさを表現したかった」と手応えを話しています。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000026-san-soci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/347211/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4553842/

|

« 8歳の岡田将生、清史郎が演じる! | トップページ | 松本人志監督『しんぼる』外国でも好評 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1294364/33565438

この記事へのトラックバック一覧です: 売り上げ2倍の本屋さん東京・丸善本店の「松丸本舗」とは?:

« 8歳の岡田将生、清史郎が演じる! | トップページ | 松本人志監督『しんぼる』外国でも好評 »