ニュース

餃子の王将、衝撃の新人研修

全国展開する人気の外食チェーン「餃子の王将」が、思わぬ話題
で注目を浴びています。

4月11日、日本テレビ系列の情報番組「TheサンデーNEXT」で
紹介された餃子の王将の新人研修があまりにも「厳しすぎる」と
話題になり、同社に意見まで寄せられるという注目ぶりです。

研修の内容は、軍隊のような研修が5日間続くもので、携帯電話、
煙草、新聞、テレビなどは一切禁止。朝6時半からランニングを
行い、夜は23時に消灯する、という過酷なものでした。

さらに、参加者自身の目標や抱負を絶叫しながら紹介するスピーチ
のシーンは、まるで自己啓発セミナーのようで、あっという間に
ネットで話題になりました。

「こんなの社会の常識」という擁護的な意見から「まるでブラック
企業の様だ」という意見まで賛否両論が飛び交っていますが、
この思わぬ反響に危機感を抱いたのか、王将フードサービスは
釈明文をホームページ上に掲載した模様です。

テレビで紹介するとなれば、インパクトのある部分を中心に編集
されるでしょうから、当然反響も大きくなるでしょう。しかし、
この強烈な新人研修は、すでに10年以上も続けられている
そうです。現在までの王将の躍進を考えれば、この研修は王将の
業績アップに少なからず影響を与えていることは間違いない
のではないでしょうか。

この研修では、今の若者たちが陥りやすい「汗をかかない」
「涙を流さない」「感謝を知らない」といった傾向を是正する
ために開催されているとのことですが、ゆとり教育で育った
世代には、たしかに刺激が強すぎたのかもしれませんね。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000059-zdn_n-sci
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/28/news079.html
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/385415/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4742526/

| | コメント (44) | トラックバック (2)

ついに決裂!中国とGoogle

検索エンジンの世界最大手・グーグルが、ついに中国からの
撤退を決定しました。

10億人を擁する中国からの撤退は、グーグルにとっても断腸の
思いのはずですが、それ以上に、言論の自由が許されない中国で
の事業展開は、充分なサービスを供給できないという判断だった
のでしょう。

これまで中国のグーグルでは、政治的に敏感な問題、つまり
天安門事件や、チベット暴動などについて検索しても、正確な
情報を得ることができませんでした。それはすべて、中国政府の
検閲が入っていたのが原因であることは非常に有名です。

このサイト検閲に関して、グーグルは長い間、中国政府と交渉
を続けてきました。そして、撤退を最後のカードとして交渉に
望んでも、中国政府は検閲ルールの維持にかたくなな意思を示し、
最後まで交渉の余地がなかったそうです。

この結果をうけて、グーグルチャイナは中国政府の検閲を回避
するために香港へ移動、google.com.hk へリダイレクトされる
ことになり、一時的にでしょうが、中国政府が国民に知られたく
無い情報も検索結果に表示されることになります。これは完全
に、中国とグーグルが敵対したということでしょう。

こんな事態を中国政府が放っておくはずもなく、あっという間に
中国国内からのグーグルへのアクセスを遮断しました。明確に
反旗を翻したグーグルに対して中国政府は水面下での交渉を
模索し、現在、アメリカ政府や世界貿易機関などを巻き込んだ
複雑な問題に発展している模様です。

検閲への不満もさることながら、グーグルは何回となく中国から
サイバー攻撃を受けています。はっきりと攻撃された事実がある
にもかかわらず、中国政府の回答は知らぬ存ぜぬの1点張り。
これではグーグルも、中国政府を信頼して事業を続けることは
できないのでしょう。

自由を認めない中国と、自由の象徴のようなグーグルの決裂は
今後どう展開するのか、目が離せませんね。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100323-00000013-jij-int
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/23/news019.html
イザ! ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/371678/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4674091/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

アメブロ、情報流出の真相

アメーバブログでお馴染みの、サーバーエージェントのID流出
事件は記憶に新しいところですが、ついに事件の真相が判明した
模様です。

アメーバでブログを書いているたくさんの芸能人たちのIDと
パスワードが、ネット上に流出してしまうという大事件が
年末年始をにぎわせたのは記憶に新しいところですが、
真相はサイバーエージェント社員のチョンボと、ファイルを
入手した部外者の悪用でした。

大手芸能事務所に契約社員として勤務していた岡田邦彦容疑者が
IDとパスワードが入ったファイルをブログに掲載してしまった
ことが原因で、岡田容疑者はすでに、ホリプロを懲戒解雇されて
いるようです。

アメーバブログを利用している著名人445人分のIDと
パスワードを、なぜホリプロの社員が入手できたのでしょうか?

なんでも、サイバーエージェントの社員が、ホリプロに業務メール
を送った際に誤って添付してしまったらしく、そのメールを
受け取った岡田容疑者が悪用してしまったというのが事件の
いきさつです。

このIDとパスワードを利用して、岡田容疑者は数人の著名人
ブログへ不正アクセスを行ったと言います。

さらに、ブログ上へ「お年玉」と題した画像を張りつけ、
画像をクリックすると著名人445人分のIDとパスワードが
入手できるようにしたそうです。

クリックするとIDとパスワードが入手できるお年玉と題した
画像は、1月1日午前1時1分1秒に出現するように設定
されていたという手の込みようです。

仕事のストレスが原因で判断を誤ったと供述しているようですが
仕事のストレスは、人に迷惑のかからないように発散したい
ものですね。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100317-00000518-san-soci
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/17/news030.html
イザ! ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/369569/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4663462/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表現の自由か、猥褻物の規制か

ほんの2~30年前までは、女性の裸が掲載された書籍も雑誌も
ほとんどなかったのですが、最近は、コンビニで手軽に買えて
しまうほど、性描写に対しておおらかな時代になっています。

特に、児童ポルノと呼ばれる、子どもを性の対象として描くマンガ
やアニメの氾濫も著しいものがあります。

そんな時代を憂いてか、東京都は、子供に対する性暴力を描写した
マンガやアニメを不健全図書指定の対象に加えるため、条例の
改正に乗り出しました。

そこへ待ったをかけたのが、ちばてつや氏、永井豪氏、
里中満智子氏、竹宮恵子氏ら4人。いずれも日本の漫画界を
リードしてきた重鎮たちです。この他にも多くの著名な漫画家が
条例改正案に反対しており、コミックを発行している講談社、
集英社、小学館なども反対を高らかに表明しています。

漫画家の皆さんは、表現の自由を損ねるだけではなく、性に関する
あらゆる描写が規制される可能性があるとして反対されています。

誰もが行う性行為ですが、それを表現することが悪いとなれば、
誰もが行う性行為は悪いことなのか? という素朴な疑問が
湧いてしまうわけですね。

もちろん、度が過ぎた幼児性愛描写などは、健全な表現とは
呼べないような気もしますが、この規制が最善の策ではないことは
どうやら間違いないようです。表現を規制するより、
表現に影響されない人間の教育が必要なのだと、今回の会見を
見て痛感しました。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100316-00000014-mailo-l13
ITメディアニュースURL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/15/news074.html
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4661352/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/368724/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話に眠るお宝

携帯電話などの家電製品に使用されているレアメタル(希少金属)が注目を
浴びています。微量であれ、精密機械を作るのに欠かせないレアメタルを、
大量に破棄されている廃家電から回収しようという試みが始まりました。

昨年の11月に、経済産業省主導で行われた携帯電話の回収キャンペーンは
56万台以上が回収されました。不要になった携帯電話を販売店に持ち込むと
最高5万円の商品券が当たるキャンペーンだったそうで、なかなか好評
だったみたいですね。

なんでも、56万台の携帯電話からは、22キロ(約7000万円)に相当
する金(ゴールド)が回収できるそうです!そのほかにも、銀が79キロ、
銅が5670キロ、パラジウム2キロなど、重要な金属が数多く回収できる
見込だそうです。

日本にはまだ、使用されていない未回収の携帯電話が2億台近くあると予想
されてますが、もしこれをすべて回収できたら、すごい成果になりますね。。

今回、経済産業省のキャンペーンで回収されたのが56万台。それでも
22キロの金が回収されたのですから、2億台すべてが回収されたら、
一体どのくらいのレアメタルが回収されるんでしょうか。

世界のレアメタル産出国が、自国のために輸出を規制する傾向があると
言われています。資源がほとんどない日本では、今後、都市鉱山として
廃家電を回収する動きが、今後進んでいくような見通しですね。。

なお、金やその他の価値ある金属が使用されていますが、量は本当に微々
たるもので、値上がりを期待するほどの価値はないとか。

国難ともいえるレアメタル不足を解消するために、古臭い携帯電話が
あったら販売店に持っていきましょう。家の中で眠らせたままでは、
まさに宝の持ち腐れですよ!


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100305-00001069-yom-bus_all
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/365168/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4646142/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20409999,00.htm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新型新幹線、デビューまで後1年

今から40年以上も前から、日本列島を時速200キロ以上のスピードで
走り続けてきた新幹線ですが、ついに時速320キロ以上の営業運転が
可能な最新車両が完成しました。

東京と新青森を結ぶ東北新幹線に、「E5系」新車両が来春から
デビュー、報道陣へのお披露目も無事に終了した様子です。

フランスのTGVなどと比較されることが多い日本の新幹線。とくに
営業最高速度に関しては、TGVに後塵を拝し続けていました。
日本で初めて時速300キロ以上の営業運転を実現した500系は大変な
注目を浴びました。スピードに加え、弾丸のような風貌が非常に素晴らしく、
グッドデザイン賞まで受賞したほどでしたが、どうやら乗り心地があまり
良くなかったみたいですね。E5系の営業最高速度は時速320キロ。
これが実現すると、世界最速といわれるフランスのTGVに並ぶことに
なります。

今回登場したE5系の新車両は、企画から開発まで10年もの歳月を要した
といいます。スピード、安全性、乗り心地、どの項目でも妥協を許さなかった
JRの自信作だそうです。早く乗ってみたい!

性能をフルに発揮した場合、東京~新青森を3時間5分で結んでしまうとの
ことです。いままでの所要時間が約4時間でしたから、これは大幅な時間
の短縮です。ただでさえ狭い日本列島が、どんどん狭くなっていく、
そんな感じがしないこともありません。

しかし東北出身の方にとってはとっても嬉しいニュースですよね。東北への
観光も、一段と身近になることは間違いありません。
デビューまであと1年。新青森駅の完成と共に楽しみに待ちたいですね。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/new_train/?1267523550
日経ビジネスオンラインURL
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090317/189219/
イザ! ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/267262/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4007152/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ますます肩身の狭い喫煙者

神奈川県にお住まいの愛煙家の皆様には、なんとも残念な出来事が起きて
しまいました。神奈川県で4月から施行される「受動喫煙防止条例」に
さきがけて、神奈川県内のマクドナルドとロイヤルホストは、県内にある
すべての店舗を全席禁煙にしてしまいました。

全面禁煙となるのは4月からなのですが、お客様の反応を伺いたい、という
思惑もあるのでしょうか。1カ月早い禁煙の措置に、県内の飲食業界は
騒然としているようです。

もし、不満の声が多ければ完全禁煙ではなく、分煙にしたいとの思惑が
あるのでしょうか。お店は完全禁煙か、分煙か、措置を選べるようですね。
施行後に完全禁煙にすれば、喫煙するお客様は戻ってこないかもしれない
から、先手を打って様子を見ようということでしょうか。

神奈川県知事の松沢成文氏は当初、パチンコ店なども禁煙の対象として
いたようですが、風営法で管理される店舗は外されたようですね。
完全な禁煙措置は、病院や学校、役所など、公共性の高い
施設に限定されるようです。宿泊施設や飲食店は、禁煙か分煙にするか、
選べるようですが……。

居酒屋へ行ってビールを飲みながら、タバコに火をつけて一服、という
楽しみ方は、これから神奈川県では楽しめなくなってしまうんでしょうか。
「売上に大打撃を与える悪法」として、飲食業界と愛煙家の間では
大変な話題になっていますが、タバコの煙が大嫌いな人にとっては、
とっても嬉しいニュースであることも確かです。

百害あって一利なしという言葉がピッタリな喫煙ですが、今後の神奈川県
の飲食業界に注目したいところです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/smoking/
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/251714/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4626788/
日経ビジネスオンラインURL
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090115/182852/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社のオフィス機器使いこなせていない人は6割

会社にはたくさんのオフィス機器がありますが、それを使いこな
せていない人は6割にも上るようです。
この調査結果を聞いてほっとした人も多いのではないでしょうか。
今さら会社の機器のことを同僚に聞くのも恥ずかしいし、自分が
毎日触る機器の一部機能さえ使えれば、普段の仕事に支障はありませ
んものね。でも、いつもとは違う仕事になったらちょっと手間取って
しまいます…。だってオフィス機器って難しい。

この調査は、オフィスで働く男女800名に対し、「仕事の効率化とオフィスに
関する意識調査」をアンケートしたものです。

調査対象は、全国在住の20代~50代のオフィスワーカー800名(男性468名、
女性332名)。調査期間は、2009年12月27日~28日の2日間だそうです。

それによると、回答者の92.0%が「仕事における効率化・生産性向上の
必要性」を感じており、77.6%が「仕事における効率化・生産性向上の
ために何らかの取組み」をしていることが分かったそうです。
みなさん、素晴らしい意気込みですね。

さらに、「何らかの取組みをしている」という回答者に、「効率化・
生産性向上」に対する自己投資について聞いたところ、73.1%が
「自腹は切らずに賢く工夫型」と答え、「TODO リスト活用」のほか
「デジタルツールを活用したクラウド化」や「朝活」などを行って
いることが分かりました。うん…素晴らしい回答ですが、これが日本の
平均だとは思えませんね…。なんかレベルが高い。

そしてオフィス機器の活用について聞いたところ、62.3%が
「使いこなせていない」と回答。その理由として「関心はあるが学ぶ機会
が無い」(63.8%)とした人が最も多い結果となりました。
この回答には、納得できます。
そうなんですよね。もうみんな普通に使用しているから、今さら聞けない
というか…。でもみんながそう思いながら仕事していると思ったら少し
気が楽になりますね。



【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100217-00000031-inet-inet
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/358381/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4610508/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20408738,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミクシィ下方修正…「mixiアプリ」のコスト重く…?

ミクシィは2月5日、2010年3月期通期の連結利益予想を
下方修正したことを発表しました。
営業利益は当初予想より6億円減(-18.8%)の26億円に
なったそうで、当初、爆発的な人気っぷりから、ミクシィ
の救世主になるかと思われた「mixiアプリ」ですが、
これが意外にも、想定以上にヒットした結果、アプリ
ケーションプロバイダーに支払う費用がかさむという、
なんとも皮肉な結果になってしまったそうです。

経常利益は6億5000万円減(-20.3%)の25億5000万円、
純利益は4億3000万円減(-25.3%)の12億7000万円に修正
しました。売上高は130億円に据え置く模様です。

mixiアプリは昨年8月下旬にPC版を、10月下旬に携帯電話版
を正式スタートさせ、100万ユーザーを超えるアプリが次々に
登場するなど予想を上回るスピードで成長し、mixiのページ
ビュー(PV)や訪問頻度拡大に貢献しました。

12月のmixiアプリのPV(PC・携帯含む)は109億で、横ばいか
下降トレンドにあったPC版のPVを拡大基調に乗せ、携帯版の
PVを急成長させるドライブとなりました。もちろんmixiアプリ
はアクティブユーザーの拡大にも貢献していて、mixiへの
月間ログインユーザー数は、8月は1199万、10月は1222万、
12月は1257万と順調に拡大しています。

これだけ見ると、良かったのではないかと思われますが、
想定を上回る急拡大が逆に収益の重荷になることもある
のですね……。なんとも皮肉な結果です。

mixiアプリは「アドプログラム」として、1PV当たり0.01
~0.05円をアプリケーションプロバイダーに支払っている
らしく、この費用が通期で想定を約6億5000万円上回り、
8億円となるほか、サーバ・回線コストも想定を約1億5000万円
上回ったのだそうです。

今後は広告販売を本格化するほか、昨年12月に公開した課金
API「mixiペイメントAPI」(1月末時点で24アプリが利用)を
通じた課金アプリも広がっていく見通しで、ゆるやかに収益化
させていく計画だそうです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100207-00000001-zdn_n-sci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/329217/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4593598/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20408177,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サイバーエージェントはいろいろがんばる…

インターネット関連事業を手掛けるサイバーエージェント
グループ。とくに、アメーバブログ、通称アメブロの経営が
有名ですよね。そんなサイバーエージェントが、またまた
新事業を始めようという試みを発表しました。

ネットのSEOサービス事業の強化に乗り出す方針です。
グループ会社のSEOコンサルティングのCAテクノロジー
(東京都渋谷区)は、顧客企業を急拡大させる方針を明らか
にしました。地方の特産品を扱う土産物店や中小企業などに
照準を合わせ、SEOだけでなく、顧客のウェブサイトの改善
を指南する予定で、現在120の取引社数を、早期に300社
まで引き上げる計画になっています。
CAテクノロジーの石井洋之社長は平成19年4月、サイバー
エージエントの社員らで同社を設立し、石井社長は「サイバー
エージェントグループとしては、SEOビジネスに乗り遅れた
感があり、ライバルを急速に追い上げている」ということです。

そんななか、メインサービスであるアメーバブログの方も
盛り上げようと、がんばっているようです。
サイバーエージェントは、2009年最も注目されたブログに
贈られる「BLOG of the year2009」を開催。
女性タレント・女優部門には、今やギャルママのカリスマとも
言われている辻希美さんが選ばれました。
原宿のスタジオで授賞式があり、彼女のブログでその報告が
さっそく行われているそうです。

辻希美のオフィシャルブログ「のんピース」2月4日エントリーの
日記では、その授賞式の模様を掲載し、「この賞をいただけたの
はのんピースを見て応援してくれたみなさんのお陰です」と感謝
の意を表しています。
また写真も5点ほど掲載しており、授賞式で贈呈された金のブログ
本も披露しているようです。

その他の「BLOG of the year」は男性タレント・俳優部門に佐藤健
「WITH」、モデル・グラビア部門に梨花「RinkaのHappy Life」、
お笑い部門に志村けん「ken's blog」、文化人部門に藤川優里
「いちご煮日記」がそれぞれ選出されているそうです。
「BLOG of the year」はブログの認知度向上と普及、活性化を目的と
してサイバーエージェントが主催しています。その年の流行が
分かりますね。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000009-rbb-ent
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/263252/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4589327/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20408053,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧