書籍・雑誌

続く出版不況。救世主になるのは…?

不況不況と言われていますが、その中でも出版業界の景気の
悪さは群を抜いているように思います。

そんななか、「ブラックジャックによろしく」で知られる
人気漫画家の佐藤秀峰さんが、自らのブログで、
「70誌のうち60誌以上が赤字」と、「大手出版社」の苦境を
明らかにしていました。しかも、2010年は100億円以上の赤字を
出すうわさがあるとのことです。
名称は書かれていなかったのですが、一体どこの出版社のこと
なのでしょうか…。

佐藤さん曰くこの出版社は、書籍の売り上げトップ10をすべて
漫画の単行本が占めており、漫画が大きな収入源ということです。
ところが、トップ10のうち3つが2010年に連載を終え、それに替わる
ヒット作もないとして、暗い未来を暗示しています。

インターネット上では、どこの出版社なのか、と憶測も飛んで
いますが、佐藤さんが明かしていないかぎり、分かりません。


危機感を感じていても、この出版物が売れない状況は、もう
誰のせいとかいう次元の出来事ではないと思います。
もう、時代がそういう流れなんですよね。
そんな中、大日本印刷が1月28日、書籍の背表紙の裏面に装着
する書籍専用ICタグを開発したと発表しました。
また、このICタグをコミックや文庫本の製本加工と同じ速度で
装着する技術も同時に開発したとのことです。

新たに開発したICタグは、幅10mm、長さ100mmで、書店などで
書籍を積み上げた際に、ICタグの厚みによって荷崩れなどを
しないよう、書籍の背表紙部分にICタグを装着できるように
という工夫になっているそうです。
また、細長いICタグを蛇行することなく、所定の位置に正確に
装着できるように実装技術を改良し、製本加工と同じく毎時
1万2000枚を装着できるようにしています。
ICタグ1枚あたりの価格は15~25円ということで、しかも意外に
安値ですね。

2008年の書籍・雑誌を合わせた出版物販売額は前年比3.2%減の
2兆177億円と4年連続で前年を下回っています。
こうした状況の中で、40%超といわれる新刊本の返本率を改善
することが出版業界の経営課題の1つになっていますので、この
ように、書籍にICタグを付けることで書籍1冊単位でのトレーサ
ビリティを可能とし、売れ行きが把握しやすくなるとしています。

出版社や取次、書店における在庫管理の効率化や販売動向の把握
にくわえ、万引き防止などへの活用も期待できるとのことで、
大日本印刷では2013年度までに書籍専用のICタグで60億円の売り上
げを目指しているそうです。これが出版不況の救世主になってくれる
ことを願いますね。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100201-00000055-san-soci
イザ!ニュースURL
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/media/253208/
ライブドアニュースURL
http://news.livedoor.com/article/detail/4552559/
CNET JapanニュースURL
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20407710,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)